塾講師のアルバイト

塾講師のアルバイトには、「集団指導」と「個別指導」があります。個別指導の方はマンツーマン、もしくは少人数の生徒に教えますから、 より家庭教師に近いかもしれません。塾は、さまざまなケースに対応するプランを扱っています。 集団指導で教えるには、人前で話すのが好きで、多くの生徒をまとめるリーダーシップが必要になります。

個別指導の方は、特定の生徒に丁寧に教える指導力が必要になるでしょう。個別指導の方が生徒に接する時間が長くなりますから、 それだけ生徒に対する影響力が強くなるかもしれません。 家庭教師のアルバイトと大きく異なる点は、 自由度が高い家庭教師に比べて塾の方針に従う必要があり、テキストやカリキュラムが決められています。 塾長や先輩の塾講師のやり方に従わなければならないこともあるでしょう。

家庭教師の場合、雇われた家庭の保護者とやり取りを行わなければなりませんが、塾の場合は保護者対応は塾に行ってもらえるでしょう。 勉強を教えることに集中できます。ただし、その代わりとして、塾相手に指導報告書を提出するなど事務的な手続きが増えます。 保護者の対応が面倒か、塾への対応が面倒かについては、それぞれのアルバイトをする人の性格によっても違ってくるのではないでしょうか。